脱OL自由人の気ままな日記だよ~。


by ミー

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

誰が一番おいしい?

同居人のハナちゃんからネパール料理食べに行こうと誘われ、民族料理好きの私は即OKした。でもなんで?ハナちゃんがこういう料理に興味があるってのは初耳だ。
よくよく聞いてみると最近ハナちゃん、お見合いパーティーなるものに行ってきたらしい。そこで知り合った独身の歯医者の先生が民族料理好きで、しかも何でもご馳走してくれる人だというのだ。
「え~、私が図々しくくっついていっちゃっていいの?」
「いいのいいの。全然そういうの気にしないし、すごい気さくでいい人だから大丈夫よ」
と気軽に言うハナちゃん。と、いうことで私、なんだかよく分からないけどちゃっかりついていきました。
会ってみると40代の割には若く見え、確かに気さくなお兄ちゃん風。先生っぽくない。そしてどうみてもハナちゃんのことを気に入ってる。

私「加藤先生はなんで結婚しないんですか?」
加藤先生「そろそろ結婚はしたいんだけど相手がいないからねえ」
ハナちゃん「加藤先生またお見合いパーティーに言ってきたら?出会いがある場へ行かなくちゃ~」(悪気なくサラっと言う)
加藤先生「あのパーティーでハナちゃんと出会って今こうして一緒に食事できるだけでも俺はラッキーだよ」(鼻の下のばしながら。。)
私「ワインおかわりしていいですかあ?」
加藤先生「どうぞどうぞ。赤がいい?白がいい?」
ハナちゃん「デザート食べた~い」
加藤先生「そうだね~。せっかくだから3種類全部頼もうか。コーヒーとか紅茶いる?」
私とハナちゃん「そうですね~♪」

ありゃ~、完全にハナちゃんペース。いい人すぎる。しかしネパール料理は変わってておいしかった。しかもありがたいことにタダだし~。
帰り駅で別れる時、
加藤先生「次は何料理行く?珍しい料理さがしとくよ。いつにする?二人はいつ暇?」
ハナちゃん「また二人で決めて連絡します」
加藤先生せつなすぎる。。。。ハナちゃんは加藤先生がハナちゃんのこと気に入ってること分かってた。
ハナちゃん「先生はいい人だけど私のタイプではない。無理だから他の人薦めちゃった。だから二人っきりでご飯食べに行くのは嫌なんだ。ところで次回は何料理にする~?」
う~ん、確かにハナちゃんは気をもたせるようなことは一言も言ってないし、自らねだってご飯を食べに行ってるわけでもない。誘われるから行ってるだけなのだ。それでもハナちゃんの顔を見れるだけで先生は幸せなんだろう。ハナちゃんと会えるならハナちゃんとその同居人(私)にご馳走することなんて屁でもないんだろう。と、いう訳で次回は何料理にしようかな♪
とりあえず一番おいしい立場は私だよね?!
[PR]
by maleebay | 2006-03-08 13:24

お宝発掘

今日はまた鈴木君ネタ。
2月28日引越しタイムリミットの日、鈴木君はなんとギリギリセーフ深夜に帰ってきて荷造りをはじめたのだった。これで一安心。翌朝起きて鈴木君の部屋をおそるおそる覗いてみたら何もない。一晩で引越したんだ!す、すばらしい!と思ったのもつかの間、、、、、、
翌日仕事から帰ってくると家のゴミ置き場にゴミの日でもないのに大量のゴミが置いてある。ちょっと~、ゴミの日でもないのにルールを守らないのは誰?!と少々憤りを感じながらちらっとゴミの山を見てびびった。ゴミ袋の隙間から見えているのは鈴木君の部屋のカーテンじゃないですか!!?!そうか、これは鈴木君のゴミの山なのか!あ~、ご近所さんの誰からも彼がゴミを運びだす姿を見られなかったことを祈る。うちの連帯責任になるじゃない。そしてそれだけじゃない。なんと鈴木君の荷物は我が家の屋根裏部屋にぎっしり置いてあったのだ。つまり鈴木君は部屋は空にしたけど、荷物はとりあえず我が家に置いて身一つで出ていったのだ。「近々荷物取りにくるのでちょっとの間置いといてね」とメモを残して。やられた~。鈴木君はかなりのズボラ星人。当分こないだろ。
家に帰ると同居人のハナちゃんが鈴木君が外に捨てていった本とか漫画をヤフオクで売りたい、と言う。なるほど~。二人で外へ見に行ってみるとお宝の本や漫画はあいにく雑誌回収日で既に回収されてしまっていた。あ~、もったいない。結構な量あったらしいのに。。。
しかしふと大量のゴミを見るとカーテン以外に洋服がたくさんつまってる。どうやら鈴木君、洋服を全部捨てて去ったらしい。ズボラというか面倒臭かったんだろうか。しかしハナちゃんと私は顔を見合わせてニヤリ。中を見ると洋服が出るわ出るわ。下北らしい破れたジーンズ、Tシャツ、トレパン、、、こりゃフリマで売れるだろっていうアイテム何十点も!やった、お宝発掘。売りさばこう、って盛り上がり使える服は全て回収。ってことで近々二人はどっかでフリマ開催します。メンズアイテム結構そろってますよ。
それより鈴木君はいったいこれだけの使える服を捨てて、荷物を置き去り、どこへ引越したのだろう。玉の輿にでも乗っちゃったのかな???謎は深まるばかり。。。。。まぁいっか。でも屋根裏の荷物を一刻も早く取りに来てくれることを祈る。
[PR]
by maleebay | 2006-03-03 10:56

ラッシュ井の頭線

毎朝の井の頭線ラッシュにはほんと嫌気がさす。
車両が短いから仕方ないんだけどあれはひどい。
列の一番前に並んでいるから乗れるだろう、なんて余裕かましてノロノロ乗り込もうものなら後ろの人が早く乗れと言わんばかり津波のように押してくる。無言の圧力を感じる。私はあきらめ早いから無理だと思ったら遅刻してでも次を待つけど、あきらめの悪い人は足が片一方さえ電車の中に入ればもうこっちのもん気分。あとは駅員まかせ。あきらめてよって言いたくなる。
ほんとにラッシュ時間の下北の駅員さんは大変だと思う。多分アルバイトの学生さんだと思うんだけど人を人と思わず必死でドアの中に押しこめる。ドアさえ閉まればOK。場所柄東大生じゃないかしらってくらい眼鏡君が多いけど結構勉強の合間のストレス解消になってたりして。

今朝もいつも通り列に並んで待ち、津波のように後ろから押し込まれた。
私の前の小柄な女性はそれに慣れていなかったらしくやたら「きゃー」「あ~」小声で悲鳴をあげていた。そんな女性ぶっても誰も助けちゃくれないよ。自分のことで精一杯なんだから。朝の通勤ラッシュは戦争なんだからかわいこぶってんじゃないわよ~、なんて思ってしまう私ってかわいげない。

一つ駅員さんにお願いしたいのは、次の電車がホームに書いてある丸印でドアが開くのか、四角印で開くのかはっきり言ってほしいってこと。一番前列丸印並んで後ろの人も私を信じて並んでるのに、四角印でドアが開いた日にはちょっと気まずい。それだけははっきり間違えずに伝えてネ。
[PR]
by maleebay | 2006-03-01 14:25