脱OL自由人の気ままな日記だよ~。


by ミー

カテゴリ:未分類( 10 )

解散~

長~い間、ブログを放置しとりました。
下北沢生活、本当に色々なことがありましたが、6年をもちまして解散。
悲しいものですね。
まだみんなとは解散しても仲良しです☆

このブログを私の記憶のコネタ帳にしたいと思います~
[PR]
by maleebay | 2011-01-24 01:02

不思議な三人旅

またまたご無沙汰ブログ。
長続きしないダメダメニンゲンです。
と、言って今急に思い出したのが「スケベニンゲン」という名のパスタ屋さん。
銀座の松屋近くにあるんだけど、結構人気らしい。
名前の由来は、オランダにそういう名前のビーチがあるんだと。。。。
気になっててつい最近行ってきました。
パスタの種類が豊富。アルデンテばっちり。味もいい。
パスタの基本ともいえるカルボナーラをつい頼んでしまったけど、しつこくなくてGOOD!

と、横道にそれちゃいましたが、今回は韓国旅行話を書きたいの。ちっとだけ。

以前お話したハナちゃんのことを気に入ってる歯医者の加藤先生とハナちゃんと私の三人で韓国へ行ってきました。
なぜにこの三人??!お察しの通り、加藤先生が我々二人分全て旅行費払ってくれたのでした。
民族料理を食べに行った際、ノリで「韓国行こう」って話してたら、加藤先生ノリノリで盛り上がって安いから二人分の旅費払っちゃう!だって。
翌日すぐに格安韓国ツアーを調べ、三人分申し込むから早くパスポート番号教えてだの、成田エクスプレスは何時のがいいかな、だの、、すごくて。
私とハナちゃん、、「ありゃ、本気だったんだ。。。」

一人30000円弱の超格安ツアーなだけに、夜中にソウル着、中一日遊んで、その翌日朝一で帰る、、そんな感じの超強行スケジュール。
ハナちゃんと私、寝ずに遊ぶ計画を立てたのでした。時間がない、っていうのもあったけど、加藤先生と三人同じ部屋だからなるべく部屋にいるのはやめよう、、、
っていうことで。ひどっ。いやいや、違うの。ハナちゃんは加藤先生に散々、「韓国に行ったら別行動しようね。加藤先生もチェジウみたいな素敵な韓国人と出会いが
あるかもしれないでしょ。我々はゴンサンウみたいな人探すよ」って旅行を申し込む前に宣言した。加藤先生承諾済。
でも加藤先生は「一緒にご飯くらいは食べようよ~」と結局どこに行くにも垢すりに行くにもついてきた。

私からすれば加藤先生がいくらハナちゃんだけをべた褒めしようと、ハナちゃんだけにサプリをあげようと、ハナちゃんの荷物だけを持ってあげようと、「何が食べたい?」って聞くから私が「冷麺」と言ってもハナちゃんが「カルビ」と言えば「カルビ」の店につれていかれようと、まぁどうでもいいのだ。怒る気も反発する気もまるでない。自分でお金貯めてする旅行と比べるとどうも受身なのよね。珍しくガイドブックすら持って行かなかった私。加藤先生が超はりきってガイドブック2冊持ってきてたし。

でも加藤先生見た目は年の割には若く見えるし、格好も若いし、医者だし頑張れば彼女できそうなのになんでだろう。。。と思ってたらこの旅行で謎がなんか解けた気がした。大人なのにほんっとにおしゃべりで落ち着きない。これじゃあねえ。もっとひどいのが彼は変態だった、ということ。風俗とか通ってるのはよくあることかもしれないので驚かなかったけど、足フェチだからヒールで踏まれるのが好き、だって。SMクラブかよっ。でしょ。旅の終りの成田エクスプレスの中で知ってどんびき。。。。なんでここでカミングアウトしちゃうかな。さわやかに終了すりゃいいものを。我々ぞ~っとして最後にお礼は言ったけど、ちっと寒さが残った不思議な旅でした。
気を取り直して近々自費でハナちゃんとまた韓国行ってきま~す。
[PR]
by maleebay | 2006-07-11 14:07

ここ最近の。。。

久々にブログ更新です。
暖かくなり、はしごするのにいい季節になりましたね!
ここ1ヶ月、週末は下北で明け方まで飲んでることが多かったです。

ここ最近行ってるバーは小さくて10人くらいしか入れないバーです。
先日行ったら人が多くて何事?と、思ったら常連さんの誕生日だったのです。
禿げのおっちゃんなんだけど、常連仲間からカツラを三種類もプレゼントされてて、これまたどれも似合うんだ。
髪型変えるだけでこんなにも雰囲気って変わるものなのね(笑)おもしろいったら。
人が増えてきたから外まではみだして、ジャンベ(アフリカの太鼓)やギターを持ち出して外でどんちゃん騒ぎ。
それにしても常連さんになれば誕生日も祝ってもらえるなんて素敵。一人身には嬉しい街ですね。
この店のマスターと客との一体感が私は大好きです。
あ、ここはバーなのに焼き鳥屋で、レバーがほんとに絶品です!
飲まなくても焼き鳥だけ食べに行っても全然OKだと思うよ~。
そして、初めてお店に入っても周りの人が暖かく迎えてくれます。
店に行けば皆友達。そんな感覚だから一人で来る人、常連さんになる人が多いんだろな~と納得。
行ったら楽しくてつい長居をしてしまうので、私は翌日が休みの日しか行かないようにしてます。意志の弱い私だからね。

そしてもう1件、アジアンバーは本多劇場の近くにひっそりと店構えをしています。
行ってもほとんどお客はいませんが、マメなマスターが「イケメンが来てますよ」っていちいちメールをくれる。
その言葉に釣られて行ったことは一度もないけどね。。。だってマスターの言うイケメンってなんか違う気がする。
先日だってそんなメールがあって、数日してから店に行き、マスターに「どんだけイケメンだったの?」とたずねたら、
「相当なイケメンでしたよ。歌舞伎町のホストでした」だってw
ある意味話してみたい感じではあるが、マスターの言葉に釣られて行かなくてよかった。歌舞伎町のホストなんてピンキリでしょ。
ビジュアル系バンドマンみたいな田舎からでてきました~って感じの人がよく新宿で客ひきしてるの見るからねえ。
その店、マスターなのに会話のキャッチボールがイマイチなの。でも憎めない感じだからつい行っちゃうんだけどねえ。
こういう落ち着くアジアンな部屋にしたいっていつも思ってマス。

下北は居酒屋、おしゃれなレストラン、お好み焼き屋、ほんとに色々な飲食店がある。
ですが、一度是非フレンドリーな下北ならではの小さい飲み屋さんに行ってみることをお勧めします。
どっちかというと一番街側、北口側の方が多いですよー。
[PR]
by maleebay | 2006-06-07 10:25

ムカついた~!

ひっじょ~にムカついてます。
私がやってた仕事を1ヶ月ほど前に他の子に引き継いだんだけどややこしいことが起こったらしい。
もうそんなの引き継いだんだから知ったこっちゃない。
なのに「あなたがやってた時代のことでこういうことが起こったんだからやって下さい」って押しつけられた。
しかも私のミスじゃなくて他の人のミスなのに。カッチ~ン!!
そういう困難な状況を自力で乗り越えてこそ成長するんじゃないですか?!
って言ってやりたかったけど「分かった。やっとく」って言っちゃったよ。
今さらながら腹がたつ。
むしょーに腹が立つから下北と関係ないけど書いてみました。
ちょっとすっきり。
[PR]
by maleebay | 2006-04-27 15:57

ジョギングのススメ

最近下北界隈をマラソンしてます!どうしちゃったの?という感じですが一応去年からジョギングが趣味です、って言ってます。ただ冬の間は寒くて冬眠してたんだけどやっと目覚めました。週2回走ることを目標としてるプチアスリートです。
今は緑道沿いの満開の桜を見ながら走れて最高。ただ夜に走ってるから夜桜になっちゃうけど白い桜が電気代わりになって夜でも明るいんです!でも平日の夜から宴会してる人が結構多いのよね。多分学生だと思うんだけど近所迷惑なんじゃない?ゴミちゃんと持って帰れよって思ってしまうとこがババアだなあ、、って思ってしまう。そんな宴会な桜並木をロッキーモードで真剣に走るのはちょっと恥ずかしい。コースは日によって変えるんだけど、だいたい淡島通りや、246沿い、環七通りなどわかりやす道を走ることが多い。
下北近辺の住宅街は一歩間違えると自分がどこにいるかわからなくなる。夜遅くに道に迷ったら悲惨ですわ。携帯も地図もお金も持ち歩いてないから真っ暗闇をさまよう羽目になる。それだけは避けたいから普段は冒険する私でも夜はそこまでできない。
246沿いをジョギングするのはちょっと恥ずかしいけどもう慣れた。逆に会社帰りの疲れたサラリーマンが歩いていたりせわしなく通る車を見ながら自分は健康の為にジョギングしてることが誇らしくもある。通り沿いに(とくに三宿あたり)はおしゃれなCafeやBarがちらほらあって(きっともっと小道を中に入れば色々あるんだろうけど)見ながら走るのは面白い。基本的に景色が変わる方が私は好きなのでごちゃごちゃしてるところを走るのは好きだ。
茶沢通りはよく芸能人もジョギングしてるって聞いたことがある。でも未だかつて見たことがない。ほんとかいな。。。
淡島通りは意外にジョギングしてる人がいて心強い。交番も多いし平和な通りだ。渋谷方面に近づくとやっぱりおしゃれなCAFEがある。プロジェクターで映画だかPVを流してて客はリラックスモードでソファーに座ってお酒を飲んだりしてる。あ~、かっこいい。一人でこんなとこ行けるようになりたい。憧れの店とかあるくせに店の名前は全然覚えてません。そのうち覚えてたらお知らせします。
あ、もう一件気になる店は246通り沿いの池尻大橋駅の近く「みそかつ」って書いてある店。名古屋人がやってるのかな?みそかつ食べたい~。
話はそれたけどそんな感じで1時間ジョギングをするよう心がけてます。春はいいね~。やる気が起きるわ~。これで痩せたらもっといいんだけどな。
[PR]
by maleebay | 2006-04-04 10:41

誰が一番おいしい?

同居人のハナちゃんからネパール料理食べに行こうと誘われ、民族料理好きの私は即OKした。でもなんで?ハナちゃんがこういう料理に興味があるってのは初耳だ。
よくよく聞いてみると最近ハナちゃん、お見合いパーティーなるものに行ってきたらしい。そこで知り合った独身の歯医者の先生が民族料理好きで、しかも何でもご馳走してくれる人だというのだ。
「え~、私が図々しくくっついていっちゃっていいの?」
「いいのいいの。全然そういうの気にしないし、すごい気さくでいい人だから大丈夫よ」
と気軽に言うハナちゃん。と、いうことで私、なんだかよく分からないけどちゃっかりついていきました。
会ってみると40代の割には若く見え、確かに気さくなお兄ちゃん風。先生っぽくない。そしてどうみてもハナちゃんのことを気に入ってる。

私「加藤先生はなんで結婚しないんですか?」
加藤先生「そろそろ結婚はしたいんだけど相手がいないからねえ」
ハナちゃん「加藤先生またお見合いパーティーに言ってきたら?出会いがある場へ行かなくちゃ~」(悪気なくサラっと言う)
加藤先生「あのパーティーでハナちゃんと出会って今こうして一緒に食事できるだけでも俺はラッキーだよ」(鼻の下のばしながら。。)
私「ワインおかわりしていいですかあ?」
加藤先生「どうぞどうぞ。赤がいい?白がいい?」
ハナちゃん「デザート食べた~い」
加藤先生「そうだね~。せっかくだから3種類全部頼もうか。コーヒーとか紅茶いる?」
私とハナちゃん「そうですね~♪」

ありゃ~、完全にハナちゃんペース。いい人すぎる。しかしネパール料理は変わってておいしかった。しかもありがたいことにタダだし~。
帰り駅で別れる時、
加藤先生「次は何料理行く?珍しい料理さがしとくよ。いつにする?二人はいつ暇?」
ハナちゃん「また二人で決めて連絡します」
加藤先生せつなすぎる。。。。ハナちゃんは加藤先生がハナちゃんのこと気に入ってること分かってた。
ハナちゃん「先生はいい人だけど私のタイプではない。無理だから他の人薦めちゃった。だから二人っきりでご飯食べに行くのは嫌なんだ。ところで次回は何料理にする~?」
う~ん、確かにハナちゃんは気をもたせるようなことは一言も言ってないし、自らねだってご飯を食べに行ってるわけでもない。誘われるから行ってるだけなのだ。それでもハナちゃんの顔を見れるだけで先生は幸せなんだろう。ハナちゃんと会えるならハナちゃんとその同居人(私)にご馳走することなんて屁でもないんだろう。と、いう訳で次回は何料理にしようかな♪
とりあえず一番おいしい立場は私だよね?!
[PR]
by maleebay | 2006-03-08 13:24

お宝発掘

今日はまた鈴木君ネタ。
2月28日引越しタイムリミットの日、鈴木君はなんとギリギリセーフ深夜に帰ってきて荷造りをはじめたのだった。これで一安心。翌朝起きて鈴木君の部屋をおそるおそる覗いてみたら何もない。一晩で引越したんだ!す、すばらしい!と思ったのもつかの間、、、、、、
翌日仕事から帰ってくると家のゴミ置き場にゴミの日でもないのに大量のゴミが置いてある。ちょっと~、ゴミの日でもないのにルールを守らないのは誰?!と少々憤りを感じながらちらっとゴミの山を見てびびった。ゴミ袋の隙間から見えているのは鈴木君の部屋のカーテンじゃないですか!!?!そうか、これは鈴木君のゴミの山なのか!あ~、ご近所さんの誰からも彼がゴミを運びだす姿を見られなかったことを祈る。うちの連帯責任になるじゃない。そしてそれだけじゃない。なんと鈴木君の荷物は我が家の屋根裏部屋にぎっしり置いてあったのだ。つまり鈴木君は部屋は空にしたけど、荷物はとりあえず我が家に置いて身一つで出ていったのだ。「近々荷物取りにくるのでちょっとの間置いといてね」とメモを残して。やられた~。鈴木君はかなりのズボラ星人。当分こないだろ。
家に帰ると同居人のハナちゃんが鈴木君が外に捨てていった本とか漫画をヤフオクで売りたい、と言う。なるほど~。二人で外へ見に行ってみるとお宝の本や漫画はあいにく雑誌回収日で既に回収されてしまっていた。あ~、もったいない。結構な量あったらしいのに。。。
しかしふと大量のゴミを見るとカーテン以外に洋服がたくさんつまってる。どうやら鈴木君、洋服を全部捨てて去ったらしい。ズボラというか面倒臭かったんだろうか。しかしハナちゃんと私は顔を見合わせてニヤリ。中を見ると洋服が出るわ出るわ。下北らしい破れたジーンズ、Tシャツ、トレパン、、、こりゃフリマで売れるだろっていうアイテム何十点も!やった、お宝発掘。売りさばこう、って盛り上がり使える服は全て回収。ってことで近々二人はどっかでフリマ開催します。メンズアイテム結構そろってますよ。
それより鈴木君はいったいこれだけの使える服を捨てて、荷物を置き去り、どこへ引越したのだろう。玉の輿にでも乗っちゃったのかな???謎は深まるばかり。。。。。まぁいっか。でも屋根裏の荷物を一刻も早く取りに来てくれることを祈る。
[PR]
by maleebay | 2006-03-03 10:56

ラッシュ井の頭線

毎朝の井の頭線ラッシュにはほんと嫌気がさす。
車両が短いから仕方ないんだけどあれはひどい。
列の一番前に並んでいるから乗れるだろう、なんて余裕かましてノロノロ乗り込もうものなら後ろの人が早く乗れと言わんばかり津波のように押してくる。無言の圧力を感じる。私はあきらめ早いから無理だと思ったら遅刻してでも次を待つけど、あきらめの悪い人は足が片一方さえ電車の中に入ればもうこっちのもん気分。あとは駅員まかせ。あきらめてよって言いたくなる。
ほんとにラッシュ時間の下北の駅員さんは大変だと思う。多分アルバイトの学生さんだと思うんだけど人を人と思わず必死でドアの中に押しこめる。ドアさえ閉まればOK。場所柄東大生じゃないかしらってくらい眼鏡君が多いけど結構勉強の合間のストレス解消になってたりして。

今朝もいつも通り列に並んで待ち、津波のように後ろから押し込まれた。
私の前の小柄な女性はそれに慣れていなかったらしくやたら「きゃー」「あ~」小声で悲鳴をあげていた。そんな女性ぶっても誰も助けちゃくれないよ。自分のことで精一杯なんだから。朝の通勤ラッシュは戦争なんだからかわいこぶってんじゃないわよ~、なんて思ってしまう私ってかわいげない。

一つ駅員さんにお願いしたいのは、次の電車がホームに書いてある丸印でドアが開くのか、四角印で開くのかはっきり言ってほしいってこと。一番前列丸印並んで後ろの人も私を信じて並んでるのに、四角印でドアが開いた日にはちょっと気まずい。それだけははっきり間違えずに伝えてネ。
[PR]
by maleebay | 2006-03-01 14:25

行方不明のルームメイト

ルームメイトの鈴木君が突然2月末で引越す、と言い出したのが1ヶ月前。
鈴木君は仕事が忙しいらしく家で顔を合わせることはほとんどなかったんだけど、今の家を借りてかれこれ3年以上。唯一最初からいるメンバーだ。それなのに家にはほとんど帰らず、今回も急に引越すと言い出す始末。ほんとにマイペース男だ。しょうがないからみんなで次のルームメイトを慌てて探し、ようやく3月1日から入居してくれる人が見つかった。
新メンバーのキムさんは現在友達の家に居候中ってことで一刻も早く引越してきたがってる。
鈴木君は2月末ででるっていうから3月1日からいつでもどーぞ、なんて言っていたのに、2月28日今になっても鈴木君の部屋は荷物がびっしりつまってる。鈴木君が帰ってこないのだ!!
まずいっ。明日の日中にキムさんは引越してくるのに鈴木君の荷物は散乱、誰がどうやって運び出すんだろう。大丈夫なのか??今から帰ってせっせとパッキングできるのか?!
今せっぱつまって他のルームメイトと鈴木君にメールをうったり電話をしたりしてるのに音信不通。ああ、どうしよう。。。。。。
[PR]
by maleebay | 2006-02-28 22:06
金曜の残業後に飲むお酒はいつもよりおいしいと感じるのは私だけ?
仕事の後のお酒があるから仕事を頑張れる、と思いませんか?

渋谷の「AGURI」で友達6,7人集まってたわいもない宴が始まる。
なんの集まりだかよく分からないけど飲める人が集まって飲もうぜ、みたいな会。オフ会とかじゃなくて普通に飲兵衛友達がその飲兵衛友達を呼ぶとこういう楽しい会になる。共通点は「飲むのが好き、話すことが好き、好奇心旺盛」そんなとこでしょうか。おいしいものを食べながら話をするとお酒が進む。頭にカンザシ代わりの割り箸がつきさったまま外に出るほどのほろ酔いで一次会は終了。最終的に残った女三人で二次会は下北沢へ移動。

ほろ酔い気分でスズナリ並びの「Kaelu」という小さい6,7人くらいしか入らないBarへ。常連じゃないけどたま~に行くBarでここはバーテンさんが日替わり。下北らしい空間だなって思う。Barの店員さん、他のお客さん、狭い空間でたわいもない会話が繰り広げられる。
一人の男性客が先週彼女ができたという。
「へえ~、馴れ初めはなんですか?」
「実はこういうBarで知り合ったんです。」
「きゃ~、おめでとう!!」
みんな自分勝手に質問、ひやかし、コメントする。
そしてまた次の勝手なトピックを見つけ酒のつまみに話す。
深夜お店のTVに写る通販のCM。
「あのロデオボーイってほんとに痩せるのかな。私ほしい~」
「絶~ったい使わなくなって邪魔になるだけだって。そんなんで痩せるわけない!」
「高いのかな~。一万円くらいだよね。」
「そんな安くないって~。」
この会話には男性も参加してるし(笑)
知らない人なのに自由気ままに話せる空間って面白い。みんな酔っ払ってるけど時に真剣な辛口コメント。でも知らない人だからこそ言えるのかも。二次会はこんな小さな空間で語るのが楽しい。いつか一人でふらっと入れるようになりたいんだけどまだまだやねえ。下北にはこういう小さな落ち着く空間がたくさんあるけど私はまだまだ開拓不足。
f0081073_1155159.jpg
結局我々三人は3時頃まで居座った。あとはバタンきゅ~。みんなでうちへ流れこみ、明け方の始発で帰っていった。私は爆睡しすぎて二人が帰ったことに気づかず、朝起きたら妙に孤独だったわ(笑)
[PR]
by maleebay | 2006-02-25 17:40